導入事例

CASE STUDY

紙運用の出勤簿をシステム化。
業務効率向上とコスト削減に加え、
高付加価値業務を拡大!

導入ソリューション:勤時

200名分の出勤簿(紙運用)からシステム化。常駐先からのPC 、スマホによる入力、常駐先毎のタイムテーブル、各種申請承認ワークフロー、工数管理等、数々の問題を勤時にて解決!

株式会社科学情報システムズ

科学情報システムズは、公共社会、金融、産業、通信などの公益性の高い分野を中心としたシステムインテグレ―ション事業。積極的な研究開発と豊富な実績から生み出された、IoT関連データの分析・見える化、ディープラーニング等のソリューション事業。この二つの軸を中心とした多種多様な分野でアプリケーション開発を行っております。

課題

  • 毎月、各常駐先で出勤簿をまとめ、本社へ送付or本社へ持参する必要があった
  • 承認者毎に出勤簿に承認印を押印する為、承認に時間が掛かった
  • 年休、半休等の申請も紙で行っていた
  • 本社では、各常駐先より送られてきた出勤簿の収集、集計、確認に手間が掛かっていた
  • プロジェクト毎の原価管理ができていない
  • 給与連携ファイルを手作業で作成するため、ヒューマンエラーが発生していた

導入の決め手

全ての要望を満たす勤怠管理は勤時しかありませんでした!

  • 常駐先の社員が多く、外部からの勤怠の入力ができる
  • 容易に工数管理ができる
  • 問診票機能があり、従業員のメンタルヘルス、ストレスチェックにも対応できる
  • プロジェクト管理、人事管理、給与支払へ連携ができる
  • 今後の法改正に伴う就業規則の変更にも柔軟に対応できる

効果

  • 常駐先からもPC,スマホで勤怠を入力し、勤怠状況もリアルタイムに把握できるようになった
  • 自動集計により大幅に時間短縮できた
  • 各種申請承認についてもワークフロー機能によりシステム内で完結
    導入後も就業規則変更など、柔軟なカスタマイズでシステムが成長
  • システムによる自動集計になった為、給与への連携も容易に
  • プロジェクト毎に原価管理ができるようになった
  • 業務効率化により、勤怠管理に関するコストを削減
  • コスト削減の結果、高付加価値業務を拡大

システム概要図