導入事例

CASE STUDY

タブレット上の情報配信アプリが
防災スピーカーの弱点をサポート
双方向のコミュニケーションを実現

SI 事例:地方公共団体様向け防災タブレット開発事例

地方公共団体から住民へ、防災情報伝達の効率的かつ確実な配信を行う
これまでの防災スピーカーにタブレットを追加することで、双方向のコミュニケーションを実現

地方公共団体様導入事例

課題

  • 防災スピーカーでの情報伝達は、例えば大雨・荒天時などの必要なタイミングに避難情報が聞こえにくい
  • また、繰り返し放送する前提ではあるが、聞き逃してしまうと情報把握ができない
  • 一方的なアナウンスのため、情報伝達の確認が行えない
  • 機器故障の場合、時間もコストも手間もかかる
  • 地方公共団体による、地域住民へのサービス向上を実現したい

効果

  • タブレットへの情報配信のため、防災情報を聞き逃した際の事後確認が可能
  • 双方向のコミュニケーションを実現し、地域住民との接点が増加し、地方公共団体と地域住民のコミュニケーションを強化
  • LTEネットワークを利用した情報受信のため、タブレットは持ち出し可能
  • 大雨、荒天時や高齢者など、聞こえにくい状況でも伝達可能
  • 機器故障の場合も、速やかな交換が可能
  • 文字情報は音声読上も可能

システム概要図