社員インタビュー

得意分野を確立し、
その専門技術で人に頼られる
存在になりたい。

得意分野を確立し、
その専門技術で人に頼られる
存在になりたい。

浜田 紗綾

Saaya Hamada
ソリューションシステム部

Q多くの会社の中からSISを志望先に決めた理由は何でしょうか。

文系でプログラミング経験もなく、IT業界でやっていけるだろうかと不安だったため、教育制度が整っている点に魅力を感じました。また、人事の方の対応が丁寧だったことも決め手の一つでした。

Q「会社の自慢」を教えてください。

向上心の強い社員が多く、勉強の機会を多く与えてくれる環境が魅力的です。教育制度が整っていることに加え、私のような文系出身のプログラミング初心者に対しても、簡単な業務から経験させることによって確実に成長させようとする風潮があります。もちろん、わからないことがあれば親身にアドバイスをしてくれますし、失敗してもフォローしてくれます。段階を踏んで、不安を解消しながら成長できる良い環境だと思います。

Q大学で学んだことで、現在の仕事に役に立っている事があれば教えてください。

所属していた部活でHPの運営を担当することがあったのですが、その時に少しだけHTMLやJavaScriptについて独学で勉強しました。ソースを理解でき、簡単なメンテナンスができる程度の理解度でしたが、実際に業務で扱うことになった際に、一から勉強する必要がなくなり、時間の短縮に繋がりました。過去にほんの少し勉強したことがこうも役に立つとは思わず、自分の専門以外にも色々と経験してみることが大事だと実感しました。

Q今の仕事の様子と、 今後の抱負を聞かせてください。

配属された当初と比べると、一人で判断し実行できることが増えてきましたが、まだまだ知識も経験も足りないため、日々周囲の人々を頼りながら業務に励んでいます。今は他の人の技術を模倣しひたすら吸収していくことに必死ですが、今後は広く業務に携わりつつ、得意な分野を伸ばして、後輩からも先輩からも「○○といえばこの人だ」と頼りにされるような存在になりたいと思っています。

Q入社を希望される方へのメッセージをお願いします。

就職活動の決め手は人によって異なると思いますが、結局は巡り合わせが大事だと思っています。私の場合、様々な企業を受けた中で、一番肩の力を抜いて選考を受けられたのがこの会社でした。ぜひ色んな企業を見て、自分に合った企業を探してみてください。