社員インタビュー

自身のパフォーマンスを
踏まえ、適切なスケジュール感
が持てる人でありたい。

自身のパフォーマンスを
踏まえ、適切なスケジュール感
が持てる人でありたい。

伊藤 陽祐

Yosuke Ito
産業流通ソリューション部

Q現在の仕事内容を教えてください。

銀行様向け顧客管理システムの開発に携わっています。金融業界の知識を多く持たないまま開発チームの一員となった為、難しいこともありますが日々挑戦を続けています。

Q仕事をするにあたって心がけていることを教えてください。

常にチームで動いているということを心がけています。仕事を進めるにあたって、自分は無理をしていないか、また他のメンバーは無理をしていないかをお互いに意識しあいフォローできると、仕事はスムーズに進みやすくなると考えています。また、自分自身の管理者で居たいとも思っています。まずは自分の作業スピードがどの程度かをしっかりと理解し、スケジュールと照らし合わせることで無理のない仕事かどうかを判断できる人でありたいと思います。

Q多くの会社の中からSISを志望先に決めた理由は何でしょうか。

まずは、「どのような人たちと今後仕事をして行きたいか」「どこに居れば自分は埋もれてしまわないか」などといった自分なりの基準を設けました。その上で、自分が実際にその場で仕事をすることを想像できるかということを大切にしました。 その結果、SISでは自分が働く姿を具体的にイメージできたので、就職を決めました。

Q入社1年目の目標は何でしたか。

入社1年目の目標は、ある分野におけるスペシャリストとなるための基礎力を鍛えることでした。そのために重要視したのは、より多くの知識を吸収し、それを経験として昇華させることでした。実際に1年間の業務経験をつみ、まさに当時掲げた目標の重要性を実感しています。また、知識を集めるだけでは失っていくだけですが、アウトプットをして経験として残すことで、別の案件に移ったとしても使える能力を手にすることが出来ると考えています。

Q入社を希望される方へのメッセージをお願いします。

会社とは人が集合して成り立っているものです。その人というのは、社員や顧客またはビジネスパートナー等です。確かに業績のみでもその企業に対する一つの信頼の指標になりますが、データのみに囚われないで下さい。共に仕事をする人達がどのような人柄なのか、また共に働くことを想像しながら将来を選んでください。