現行システムの課題を解決し
使い慣れたシステムを継続利用する

システムリフォームとは、現行のシステムを新規開発と比べて
短期間、高品質、低コストで新しい環境に刷新する手法です。

ソリューション概要

システムリフォームとは導入から時間が経過し、ハードウェアやソフトウェアの保守やサポートが切れてしまったシステムを、現行のソースコードやドキュメントを有効に活用することで、新規開発と比べて短期間、高品質、低コストで新しい環境に刷新する手法です。例えば、現在お使いのシステムがサポートが終了しセキュリティリスクのあるフレームワークを使用していた場合、これを最新のフレームワークに置き換え(リフォーム)する事で、新規にシステムを構築するよりも低コストでセキュリティリスクを排除できます。

特徴
Feature

こんなお困りごとありませんか?

  • システムを更改したいけどコストや担当者の負担は少なくしたい

ゼロからの新規開発と比べ低コストでシステム更改可能です

現行システムの資産を活用するためシステム担当者の負担を軽減できます

  • ライセンス費用を削減したい
  • 自営による運営費用を削減したい

オープンソースを用いる事でライセンス費用を削減します

インフラ基盤をクラウド環境に移行し運用費用を削減します

  • 最新のブラウザに対応させたい
  • 業務に合わなくなった機能を改修したい
  • 新たに必要な機能を追加をしたい

最新の環境への適応と機能改修を行いユーザビリティを向上します

  • 古いミドルウェアやライブラリの脆弱性対応をしたい

サポートが切れたミドルウェアやライブラリを最新版に更改し、セキュリティ脆弱性に対応します

  • 度重なる改修でソースコードとドキュメントが不一致となってしまっている
  • 担当者が変わりシステムの詳細が把握できていない

ソースコードからドキュメントを最新化します

  • ハードウェアやソフトウェアの保守やサポートが切れてしまった

新しいハードウェアへの載せ替えとソフトウェアの保守サポートを対応します

SISならではの強み
Strength only in SIS

  • 豊富な開発実績に基づくご提案

    これまでの様々な業界・業種での開発実績に基づき、お客様に合った最適なシステム更改をご提案をします。
    また、過去の開発実績からノウハウを流用することにより、工数の大幅な削減が可能です。

  • 保守・サポート対応

    システムリフォーム後のシステムはSISで保守・サポート対応を行いますので、安心してご利用いただけます。

導入事例
Case Studies

企業が抱えている様々な悩みや課題に対する
ソリューションのヒントや、導入成功の秘訣を掲載しております。

導入事例を見る

実績
Archivements

実績1サポートが終了したミドルウェアの最新化

  • サポートが終了したフレームワーク等を最新バージョンや後継版へ変更
  • セキュリティリスクへの対策のため「Struts 1.x」「Struts 2.x」等のフレームワークを「Spring」へ変更
  • フレームワークの変更に合わせて利用するライブラリも最新版へ
  • フレームワークやライブラリの最新化によりセキュリティ脆弱性にも対応
  • 最新ブラウザへの対応試験も合わせて実施

実績2インフラ環境のクラウドサービス(AWS)への移設

  • WebサーバにはAuto Scaling機能を用い、突発的なアクセス増加に対応
  • 各サーバを複数拠点に配置し可用性を向上
  • インフラ維持に掛かる運用コストを軽減
  • 移行に合わせて機能改修とフレームワークのバージョンアップを実施
お問い合せ

『システムリフォーム』に関するお問合せはこちらまでお願い致します。

  • お電話から
    株式会社 科学情報システムズ TEL.045-450-6311
  • インターネットから
    メールでのお問い合わせはこちら
  • ※本製品の内容・仕様につきましては、予告なく変更することがあります。
  • ※その他、記載されています製品名は、それぞれの企業の商標もしくは登録商標です。