女性の活躍支援

私は、これまでに産休と育休を2回づつ取得した経験を持つ二児の母です。上の子の時の育休明けは、産休前のプロジェクトに復帰することになり、慣れた環境だったということもあり、仕事にも順応しやすく安心して業務に携われました。

下の子の時の育休明けは、自分自身の業務の幅を広げる意味でも様々な仕事を経験したいという想いを会社に相談した結果、意向を汲み取って頂けて産休前とは異なるプロジェクトに参加させて頂くことができました。

現在では、保守を行っているシステムのお客様向けに新しいシステムの提案を行う仕事と、タブレットアプリの開発に携わっています。

SISの女性の働く環境

妊娠時から復職までの手続きやフォローは、会社が親身になり対応してくれたので、安心してお休みを頂くことが出来ました。

子供が小さいうちは、体調を壊すことも少なくないため、急な休暇願いをすることもありますが、リーダーが柔軟にスケジュール調整してくださり、チームメンバ皆でフォローして頂けるので、安心してお休みできるのは非常にありがたいです。

また、復帰後の体制については、所属部署に依存するため、双方ともに少なからず負担を感じるケースもあるかと思いますので、欲を言えば部署に関わらず、今まで以上に働き方のバリエーションが増えて、柔軟に選べるようになると更に良いと思います。

心がけている事

≪業務≫
子供が小さいうちは、急な発熱などでお休みを頂くことも多いため、担当業務の進捗状況は常にプロジェクトメンバ全員で共有するように心がけています。

≪子育て≫
上の子は、休日になると友達同士で外で遊ぶようになり、徐々に親離れを始めており、ベタベタできる時期もそんなに長くはないなと寂しい想いを少し抱きつつも、スキンシップを大切にし、今しかないこの時期を楽しんでいます。下の子がやきもちを妬いて、阻止されることも度々ありますが...(笑) 就寝前には、絵本を1~2冊読んで寝かしつけることを日課としています。

OFFの過ごし方

土曜午前中に溜まった家事を片付けてストレスを解消し、午後は子供の習い事と買物などに出掛けます。日曜日はお出かけしたり、子供と一緒に過ごすことでリフレッシュしています。

最近では、アウトドアにもチャレンジしており、今年はテントを買ったので、まずはデイキャンプから始めています。

今後の抱負、夢、目標など

近頃、新入社員を教育をしている時に、自分が新人の頃は、”信頼されるSEになりたい”と目標を掲げていたことをふと思い出しました。なかなか思い描いていた通りとはいきませんが、新しいことにチャレンジする精神を忘れずに、これからもっと信頼される力を身につけていきたいです。

女性はどうしても、家庭内における家事育児の負担が多くなりがちです。社員それぞれのワークライフバランス、ライフステージにあった多様な働き方が選択できるよう、一女性社員として働きかけたいと考えています。

新卒採用はこちら経験者採用はこちら