高速・冗長性・高可用性・拡張性を持つRADIUSサーバ

通信事業者向けサービス認証から企業内向けネットワーク認証まで、
幅広い用途に利用可能です。

ソリューション概要

通信事業者向けRADIUSソリューションはコアエンジンにKFEP(KAMOME Front End Processor)を用いる事で、ユーザ認証や利用者の権限確認などの認証・認可処理を、オンメモリ上で処理するソリューションです。本ソリューションにより、従来はユーザ数やサービス数と共に増大するバックエンドのデータベースや負荷分散装置などの高コストな機器を削減するとともに、設備の簡素化や導入・運用コストの軽減が実現可能です。

特徴
Feature

img_feature
icn_feature_01
KFEPの導入による高速化
オンメモリ分散KVS及びオンメモリ処理が可能なKFEPの採用により、大規模ネットワークの認証処理等を高速化
icn_feature_01
システム構成の簡素化
高性能な認証基盤により、システム構成を簡素化が可能
icn_feature_01
柔軟な拡張性
容易なスケールアウトでサービスの段階的な統合(認証基盤の一元化)が可能
icn_feature_01
運用コストの軽減
複数サービスの認証基盤を一元化することにより運用コストの軽減が可能
icn_feature_01
CSB(Cross Service Bus)による連携データのコントロール
CSBで認証基盤へのID情報の連携や大量のデータ登録等の処理をコントロール可能

KFEPとは

KFEPとは、かもめエンジニアリング株式会社が開発した、超高速な分散KVS型エンジンで、RADIUSサーバとしてのご利用のほか、キャッシュサーバや、IPアドレスの払い出しを管理・制御するIPプールとしてご利用が可能です。

CSBとは

CSB(Cross Service Bus)とは、SISが開発した、システム間の連携や大量のデータ登録などを一元的に管理して処理を行う、データ配信コントローラです。複数の連携元のシステムから受け取るID情報の更新処理(サービスオーダ(S/O))や、運用者が管理画面から登録するS/Oを元に、連携先の複数のシステムに対して必要な情報を自動で配信します。

ユースケース
Use case

通信事業者様の認証基盤として

各種サービスの認証・認可の一元化のほか、マルチテナントやIPアドレスの割当・管理、多重ログイン制御、IPv6にも対応。また、リアルタイムのSO連携も可能。

企業内の認証基盤として

ユーザ認証や権限確認、PCおよびスマートデバイスのネットワーク認証、基幹ネットワーク機器の認証など、企業内の認証・認可処理に用いることで、セキュリティの向上が可能。

導入事例
Case Studies

  • kfep01

    携帯キャリア向けSDPシステム開発事例

    携帯キャリアの端末を利用して、端末認証とアカウンティングを行うことで、インターネットにアクセスするためのSDPシステムを構築。分散KVS技術による複数台構成、RDBが不要な拡張性と可用性、台数の変更はホットプラグ方式を実現しています。

  • kfep02

    通信キャリア向けシステム開発事例

    既存AAAシステムとサービスシステムへ、IPアドレスの割当と管理機能、連携先情報の提供機能を提供する、統合認証基盤を構築分散KVS技術による複数台構成、RDBが不要な拡張性と可用性を実現。
    台数の変更はホットプラグ方式を実現し、IPアドレスは端末やユーザにより固定と可変の双方、IPv4とIPv6の双方に対応

企業が抱えている様々な悩みや課題に対する
ソリューションのヒントや、導入成功の秘訣を掲載しております。

導入事例を見る

仕様・機能
Specification and functions

大量データを高速に処理

  • 大量の情報参照と更新処理を可能とする高い処理性能

複数台構成による冗長性と可用性

  • 同一データのコピーを複数台に保存することによって、冗長性と高可用性を実現

多様なプロトコルに対応

  • 通信サービス、コンテンツサービスで必要とされるプロトコルに対応

優れた拡張性

  • 必要に応じたスケールアウトが可能な上、サービス影響なしで実現可能
  • お客様の要望に応じて、機能の追加や修正も可能

お問い合せ

『通信事業者向けRADIUSソリューション』に関するお問合せはこちらまでお願い致します。

  • お電話から
    株式会社 科学情報システムズ TEL.045-450-6311
  • インターネットから
    メールでのお問い合わせはこちら
  • ※本製品の内容・仕様につきましては、予告なく変更することがあります。
  • ※その他、記載されています製品名は、それぞれの企業の商標もしくは登録商標です。