労務管理と工数管理の効率化を促進

36協定や超過勤務の適正管理や
メンタルヘルス対策などの充実した機能で
従業員の健康サポートと管理部門の効率的な
損益管理を実現します。

ソリューション概要

勤休管理システム「勤時(きんとき)」は、勤怠管理とプロジェクトの工数管理を容易にし総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現。1人ひとりの社員が日々入力した作業時間に基づき、プロジェクトごとに作業工数を管理し、複数のプロジェクトにまたがる作業工数も管理することができます。入力された作業工数は、一覧で確認できるほか、プロジェクトごと、社員ごと、さまざまな切り口で閲覧が可能です。また、半休や有休、フレックスタイムなどの各種申請から上司の承認までの勤怠状況を一括で処理することもできます。さらに36協定や超過勤務時間管理によりメンタルヘルス対策も可能になります。会社の損益の改善および社員の健康管理を支援します。

特徴
Feature

img_feature
icn_feature_01
メンタルヘルスサポート
36協定や超過勤務時間管理によるメンタルヘルス対策で社員の健康を支援
icn_feature_02
1日の作業工数をプロジェクトごとに
登録・管理
登録された作業工数(時間)を社員ごと、
プロジェクトごとに管理
複数のプロジェクトにまたがる作業工数を管理
icn_feature_03
プロジェクト状況管理
プロジェクトの状況を迅速に把握し、厳密な原価計算により適正なコスト管理を実現
icn_feature_04
申請から承認までの一連の
ワークフロー機能を搭載
半休や有休、フレックスタイムなどの変則勤務を申請
申請が発生すると上長にメールを配信して承認/却下
icn_feature_05
管理部門の業務支援
当月の出勤率や残業時間を参照
過去3カ月間の残業時間推移や超過勤務などを確認
年休取得状況を確認
長残者勤務者の把握でメンタルヘルス対策が可能
36協定管理で適正な労務管理を実現

導入事例
Case Studies

企業が抱えている様々な悩みや課題に対する
ソリューションのヒントや、導入成功の秘訣を掲載しております。

導入事例を見る

導入メリット

  • ケース1

    勤怠管理とプロジェクト工数管理が別々であり、月間のトータルでしか工数管理ができない
    プロジェクト管理者の
    メリット
    • 勤怠管理と同時にプロジェクト工数を入力することで、プロジェクトごとに予算や実績など、日々の工数を管理できるようになった

  • ケース2

    勤怠データを作成しても残業時間の集計までで、適正な労務管理ができない
    管理部門のメリット
    • プロジェクト工数などのデータをCSVファイルでダウンロードできるので勤怠データを自由に分析できるようになった
    • 従業員の休暇や残業時間を把握できるので、健康状態を把握し、残業抑制、長時間勤労者への警告などが可能になった

  • ケース3

    勤怠管理システムのユーザーIDやパスワードを個別に管理しなければならず管理コストが増加している
    システム部門の
    メリット
    • Active Directoryとの連携により、人事異動時の設定変更や退職者の設定削除など作業効率化やセキュリティ強化が可能になり、管理コストの削減が可能になった

仕様・機能
Specification and functions

  • img_spec_01

    作業状況登録

    勤怠やプロジェクト工数を入力して一覧を表示することで、累計作業時間や年休取得可能日数を利用者がいつでも確認可能

  • img_spec_02

    データ出力

    勤怠実績、プロジェクト工数実績、出勤簿などのファイル出力、およびメンタルヘルス対策のための残業申請書や問診表のPDF出力が可能

  • img_spec_03

    勤休承認・管理

    勤怠実績の確認と承認、残業時間・有休などの確認(出力結果をCSVファイルでダウンロード可能)が可能

  • img_spec_04

    プロジェクト状況管理

    プロジェクト工数実績を一覧で確認(出力結果をCSVファイルでダウンロード可能)が可能

img_spec_05

スマートフォン対応

アプリケーションをインストールすることなく
iOS、Android対応のスマートフォンのブラウザを使って勤休入力が可能

クラウド対応

  • 勤時(きんとき)の全機能をクラウドサービスで提供

マスタメンテナンス

  • 社員マスタ、組織マスタなどの登録とメンテナンス

総務承認・登録

  • 勤休承認状況一覧や申請承認状況一覧、残業制限緩和機能、提出状況管理、総務通知登録など、充実した管理部門向け支援機能

システム連携

  • 他業務連携
    WebSERVE smart 情報サービス業ソリューション (株式会社富士通システムズ・イースト) 弥生給与(弥生株式会社)
    ※WebSERVEsmartとの連携が必要
  • 認証連携
    Active Directory

資料ダウンロード

『勤時』に関する資料のダウンロードはこちらからお願い致します。

  • 資料をダウンロードする
  • 資料一覧ぺージを見る

Pick UP Document

形だけの働き方改革にしない
これからの「勤怠管理システム」に必要なものとは

ワークスタイルの多様化や法改正による就業規則の変更など現代の勤怠管理システムには大きな変革が必要だ。工数管理をはじめさまざまな業務に活用可能な、次世代の勤怠管理システムとは?

お問い合せ

『勤時』に関するお問合せはこちらまでお願い致します。

  • お電話から
    株式会社 科学情報システムズ TEL.045-450-6311
  • インターネットから
    メールでのお問い合わせはこちら
  • ※本製品の内容・仕様につきましては、予告なく変更することがあります。
  • ※その他、記載されています製品名は、それぞれの企業の商標もしくは登録商標です。